カップルズ

溺れるカラダ(1)

更新日:

 

「おめでとー♡」

 

チンーーーー

 

結婚2周年記念のシャンパン、愛する妻の手料理、俺は世界一幸せものだ。

 

「さとし、これからもよろしくね♡」

『美香・・・こちらこそ、これからも一緒にいてくれよな』

 

付き合って3年、結婚して2年、子供はまだなし。

マンネリした時期もあったが、毎年楽しくイベントを迎え幸せな夫婦生活を送っている。

結婚記念日の今日は、ダイニングテーブルでささやかだが幸せなパーティーをした。

 

もちろん、パーティーの後は寝室で何度もセックスをして、お互いに何度もイッた。

美香の感じる顔が愛おしくて、俺はいつもその顔を見ながら高まってしまう。

 

結婚がこんなに充実たものだなんて・・・自分は幸せ者だと感じる毎日だった。

 

「さとし、今週末同窓会だったよね?」

『ぁ?そうだっけ?面倒だな~・・・行くのやめて水族館でもいく?』

「参加で返信してるんだからダメだよ~笑 いってきなさい!」

 

他愛もないやりとりだけで幸せだ。

その週もいつも通り仕事をこなし、同窓会の土曜日を迎えた。

 

ーーーお、久しぶりー!

ーーーお前えらくなったなぁ 笑

ーーーあれ?山田さんじゃね?めっちゃキレイになってるーーー

 

大学の同窓会は5年ぶりで、みんな浮足立って盛り上がっていた。

俺は、美味しくないビュッフェにも飽きて早く家に帰りたい気持ちでいっぱいだった。

 

「田中・・・くん?」

1時間ほど経ち、それぞれが盛り上がってるときに後ろから声をかけられた。

 

振り向くと、色白で黒髪ロングの美女が驚いた顔で立っている。

『え・・・川崎・・?』

 

大学1年のころの元カノだった。

サークルで一緒だった俺らは、夏の合宿で付き合ったんだ。

確か、彼女から告白されて、俺がOKをしたんだった。

 

「田中くん、変わらないね。」

 

川崎は、学生時代から割と目立つ美人だった。大人っぽくて、物静かで・・・俺の初体験の相手でもあった。

前回の同窓会では気が付かなかったから、来ていなかったのだろう。

 

『おぉ…川崎も、変わらないよ。』

 

ぎこちなく会話をすると、俺は逃げるように男子の輪に戻った。

まっすぐに見つめてくる川崎の目が、何となく痛かった。

次のページへ >

♡愛用品のご紹介♡


電マ買うならamazon♡¥1980でバレずに届く

スライヴ ハンディマッサージャー MD01

オトナ女子の定番カラコン

-カップルズ
-, , , , ,

Copyright© 女子の秘密webbook , 2019 All Rights Reserved.