東京ガールズ

STORY5.  何度目のデートでスル?

更新日:

4回目のデート

場所は新宿

お気に入りの赤ワインを持参し、ホテルに誘い込む準備満々だった

『これ、プレゼント!!いつもご馳走になってる御礼に・・・アタシの好きなワインなんだ』

孝一も私のいつもと違う雰囲気に、何か感じている気がした

その夜は、2人ともベロベロになるまでお酒を飲み、当たり前のように終電を逃し、ほぼ強引にホテル街に向かった

いやらしくない感じの、シティホテルに似たホテルの前で駄々をこねる

『今日は、帰らない・・・!』

 

無言でホテルの部屋に入ったあたしたちは、やたら生活感のないインテリアを眺めながら立ち尽くしていた。

(ラブホって、こんなテンションで入るもんだっけ・・・)

あたしは小さめのラブソファに荷物を置いて、ワインを孝一から奪い取った。

「さ、飲もう?」

ほとんどヤケになって、アタシはワインを飲みまくり、孝一にもどんどん注いだ。
孝一はいつもどおりスーツのまま、付き合ってくれていた。

「あー酔っちゃった。。シャワー浴びてくる。」

つぶれる前にさくっとシャワーを浴び、備え付けのダサイパジャマに着替えると孝一にもシャワーを促した。
孝一は顔を真っ赤にしながら一言、

『なっちゃん、先に寝といていいからね』

そういうとシャワーに向かった。
寝る訳ないっつーの。
そう思いながらも思っていた以上に酔っていたあたしは、気がつくと眠りに落ちていた。

次のページへ >

♡愛用品のご紹介♡


電マ買うならamazon♡¥1980でバレずに届く

スライヴ ハンディマッサージャー MD01

オトナ女子の定番カラコン

-東京ガールズ

Copyright© 女子の秘密webbook , 2019 All Rights Reserved.