the バチェラー

男の婚活アプリ「theバチェラー」プロローグ

投稿日:

グシュッ…グチュ…

パンッ

ジュチュゥ…

「ぁあっん♡こんなに気持ちいいっのっ…うっ、運命かもっ♡」

 

クチュッ・・・クチュッゥ・・・

 

「もっとぉ・・・中に出してっ!!」

 

パンッ

パンッ

パンッッ・‥‥!

 

「ぁぁぁああああ!」

プチュッ

レロレロ・・・

「ぁあ・・・ん、アタシにもキスしてぇ・・・」

 

選ばれた男だけの特権

バチェラーパーティー、

独身最後の夜に男同士が羽目を外して呑みまくるイベントだ。

ストリップを観に行き、女の乳首を吸いながらテキーラを呑む。

米国ではね。

日本にはそんな習慣はないが、実は数年前から一部の特権階級の間で話題になっている婚活アプリがある。

男はずば抜けた魅力が1つ以上あることが条件。

高収入、優れた容姿、血筋、学歴などいわゆる

「DNAが欲しい」

「相続関係になりたい」

と思うものだ。

女は登録料金1万円を払えば誰でも登録可能だ。

気に入った男1人のみにハートを付けることができる。変更することは可能なのでカップルになれなければ乗り換えもできる。

しかし男側で、閲覧可能な女を制限することができる。年齢や家柄、容姿、特技などその項目はえげつないほど多い。自然とレベルの低い女は淘汰されていく。

中には「処女である」なんていうのもあるから驚きだ。

男は、ハートが5個溜まると「バチェラー」が発動する。

そう、このアプリの特徴は「1人の男を複数の女が奪い合う」のだ。

もちろん、男が誰も選ばない可能性もある。

なんにせよ決定権は男にあるうえ、ライバルの女たちが男を選んでいる基準は明確。

金目当てか、顔目当てか、価値観の同じライバルが集まるのだ。

この仕組み、合理的で面倒がないということで特権を持った男たちに圧倒的に人気があった。

バチェラー発動

バチェラーが発動すると、都内のタワーマンションの一室に全員が招待される。

全員分の個室があるハイクラスな部屋では、最長1カ月のバチェラータイムが設けられる。

男1女5の6人が、共同生活を送るのだ。

一か月の間出入りは自由なので、毎日帰って来なくても良い。

そもそも経済的な特権を持っている男は、仕事で不在の時間も多いのだ。

長期だが限られた時間の中で、女は自己アピールをする必要がある。

暴力行為など法に触れること以外はルールはない。

噂によると、このタワーマンションにはバチェラールーム用の部屋がいくつも買い上げされているらしい。

壁の厚い高級マンションだが、異常に喘ぎ声が響いていた。

身体の相性を探れ

theバチェラーを制するにはSEXの相性が最重要だ。

SEXの相性が良い相手は、価値観や性格も大体合っているし不思議なことに食事の好みも似ている。

優しいキスから始めるのか?

獣のようにバックで激しく突き合うのが燃えるのか?

1回の長さは?

頻度は?

臭いに興奮する?

肌質は合ってる・・・?

演技が必要な空しいセックスじゃなく、下半身同士が惹かれあう本能的なセックスだ。

おすすめ記事

1

当サイトは、普段会社員の筆者が趣味で運営している官能小説サイトです。 すべてオリジナルですが、無料公 ...

2

ここでいう官能小説は、webサイトで気軽に読める『エロ描写のある小説やブログ』と定義づけます。 イン ...

3

女性の一人Hで使う道具といえば、バイブや電マがありますね。 今はインターネット通販で購入ができるので ...

4

アダルトビデオや電子コミックで死ぬほど感じる女の子、あなたは共感できますか? 「イッたことがない」「 ...

5

女子の秘密webbookのストーリーづくりの参考にアンケートを実施しています。沢山の方に回答していた ...

-the バチェラー

Copyright© 女子の秘密web官能小説 , 2019 All Rights Reserved.